ドーパミン&シンクロ

魔性なるフォトを体験すると、何故に?女性たちは美しく輝き始めるのか?
その秘密は、ドーパミンとシンクロニシティ・・・そしてシンボリズムにある。

つまり、「快感」と「自分とのシンクロ」・・・そして、「未だ見ぬ、自身のシンボリズム」に出会えるからだ。
ファム・ファタールクラブが【 ランジェリー撮影 】にこだわるのには、明確な理由があるのだ。

 

「魔性なるフォト」= 魔術的撮影 なのである。

 

女性の生殖本能は、「選択」である。自分の好きな「精子」を選び、種の繁栄と保存・持続を行う。
魔性なるフォト撮影の本質はこの、「本能」を刺激し、自己を開放する事にある。

つ・ま・り 近代社会における男性支配からの「潜在意識的開放」である。

参考: 女性性”と悪魔

歴史的に、女性性が「命を育む大切な女神」とされていた時期は、確かにあった。
「女神の文明」との表現に代表されるよう、文化的・文明的発展が進み、人々が平和的に暮らしていたといわれる時期は存在していたが、家長制度が発展し、一家、一国の柱が男性へと移行するに伴い、多くの女性たちが苦しめられている

Basic RGB

シンボリズムの解釈

ラファル・T・プリンケ (Rafal T. Prinke)– 黒いヒキガエルの探求
この記事はThe Hermetic Journal (1991年)の78~90ページに掲載されました。

シンクロニシティと魔術

この記事は、Llewellyn(ルウェリン)著 “Magical Almanac” (『魔術年鑑』)に掲載されました。

 

12_06_two

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る